投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

TRYFULL(トライフル)に関する資料をリリースしました。

イメージ
本日は,遠路,
しかも,マラソン大会の真っ只中に,
講演会に150名の皆様がお越し下さり,誠にありがとうございます。

また,ご都合の付かなかった方も,
託児サービスをできずに,申し訳ありませんでした。

TRYFULL(トライフル)に関して,
内容をリリースしましたので,
みなさま,今後とも,どうぞよろしくお願いします。

http://sns.tasuc.com/blog/blog.php?key=34744

明日は3.11です。

本日の神奈川新聞に
元横浜市の校長先生の落合早苗さんの「希望の折り鶴」が,
大きく取り上げられています。

心から尊敬します。
http://www.sankei.com/life/news/131212/lif1312120013-n1.html


キャリア教育アセスメント

イメージ
明日は,喫茶検定を含めた,たすくキャリア教育アセスメント。

移動スキル
着替えスキル
スケジュール確認

職業スキル

身体づくり(ウェルネス)

論理技術



特徴は,IADLと,職業スキルと,ウェルネスと,倫理技術の4本柱かな。

いよいよ4月始動に向けて,エンジンかけます。


モラトリアム(猶予期間)の延長のためのインフラ整備を急ぎたい

イメージ
たすくは,お陰様で,7才になりました。
たすく入会時に10才だった子どもたちは,ちょうど18才を迎えます。
Work -Base(ワークベース):キャリア教育の場
Life -Base(エルベース):訓練型グループホーム
Community -Base(シーベース):地域の拠点,自習,身体づくりの「ジム」
  等々,卒業後の就労,その先の住まいの整備を,着実に進めています。
ただ,まだまだ,一貫性と継続性のある支援体制を整える課題が残っています。
それは,
行動が落ち着き,ある程度の学力や言語力が身について,最後の仕上げという段階が,高校卒業後の18才以上だからです。
これは,かなり言い訳がましいのですが,事実です。
8年目を迎え,この難しさに直面しました。
中学部(中学校),高等部(高等学校)には,それぞれ役目があって,
学校教育に従事する先生たちが焦る気持ちも理解できます。ただ,
「障がいがある」子には,「高等部(18才まで)」で全ての学問的アプローチは終了,
という制度的な暗黙の了解のようなものがあります。
保護者はこの流れに乗らざるを得ず,進路先を決めなければならない。
学校教育(通う場)という慣れ親しんだ場所が無くなり,一応,民間である社会福祉法人や,
作業所が行き先になることが多いのですが,大きな進路変更=心理的な負担が生じます。
8年目を迎え,社会的な課題とも言える,モラトリアム(猶予期間)の延長のためのインフラ整備を急ぎたい,そう思っています。
創業記念日に添えて