投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

何とか,絵コンテまで終わった。

イメージ
恒例の年末、追い込み、何とかリリースできそうで、出版社に送りました。
〜 結構、原稿提出〆切に使う手として、「年末までに出します!」ってありますよね。
  当然、お休みに入るから、猶予が4、5日延びるんですよね 〜





もう一つ、「教材マスターの集いMAX2014冬」という
たすくに1年以上通ってくれている保護者が、
ご自身の家庭療育の成果を発表してくれる会が12月14日(日)に東戸塚でありました。
すごい内容が良いので、5年以上続けているんですが、
ここ最近、資料をオープンにしてこなかったので、
今回から、プライバシー情報等、了解を得られる範囲で、公開しようと思います。
その原稿も、休みに入る日に担当者から上がってきたので、編集しました。
読んでみると、長い人で7年以上も通ってくれていて、ありがたいなぁ。
内容もスゴく良いです。

最後に、御成マンスリーアセスメントセンターのスタッフが残していった,
個別の事例の報告書をさっき読みました。
それが、たすくの支援計画のフォーマットにギッシリと
「たすく中心で寄り添うぞ」って
感じで書いてくれているんで、嬉しいです。
学校コンサルテーションとか,結構な量をしているうちに、
連携,連携! って,雰囲気ができちゃっていて、
療育力が伸びていないんじゃないかって不安になってます。

神奈川新聞の今日の社会面で出てたけど,行政(今日のは横浜市)は、お金さえ整えば、
直ぐに、同じようなサービスをしてくるから、
ドンドン前に進まなければなりません。(相手はタダだからね。タダは強いぞ〜)
鎌倉も,かなりのメンバーが退会して、御成の近くの行政機関に移りました。

まあ、新しいことを試して、行政が真似できるようにする。
そういうことで,たすく株式会社をやってるんだから,
そこを,楽しまないとね〜,そしてメンバーの期待に裏切らないこと。

イメージ
久々の〆切間近の原稿書きです。
ジアース教育新社から出す「たすくメソッド」シリーズ第三弾。アカデミック「国語」。

最近,たすくの子どもたちを,論理トレーニングによって,思考する子どもに育てたいと意を決して研究しているんだけど,その辺を上手く組み入れた出版したいと思っています。

そんなんで、ドンドン出版時期が遅れ,あんなに優しいジアースの編集者も,「もう変更なし(-_-;)」って,言うくらい延びてしまいました。

この分だと徹夜続きですが,
研究所時代と違って,研究室は無く,本部が自宅なので,
この机上,何か変じゃない?





















夜行性の末っ子3歳が,職場(一階)に降りてきて、前で遊んだ後(´Д`)

そんなんで,また明日だ〜。
それにしても集中力落ちたな。研究職としてのリハビリが必要だ・・。
でも,楽しいな。やっぱり,クリエイティブな仕事は,最高だな。(^_^)v

たすくが目指す「大人」

イメージ
西暦2000年代に入って,発達障がいが8%近く居るから大変だ!ってことになって,典型発達と非典型発達という「違い」を解明しようってことになって,サービスを充実させようって,就労マッチングや放課後サービスがドンドンできあがった。ってことで,これからは中身が問われる時代になると思います。

まずは,障害観とか自立についてですが。
障がいだとか,非典型発達だとかは,全く関係なく。
教える方も,教えられる方も,
自らの人間観を問わなければなりません。

これは,けっこうキツいですよ。自分自身がどうやって生きていくかってことだから。
この仕事に就きたいと思ったのは,「自発性パラドクス」が
面白そうだったからな〜(^з^)

ってことで,昨日の日曜日は,スタッフ全員と,有志のメンバーを中心に
「教材マスターの集いMAX2014冬」を主催をしました。













メンバー(たすくの保護者)と協議して,お子さんの療育のあり方を考えるのが
特長の研修会なのですが,今回の結論は,
自立する子どもたちの「すがた」は,どうあるべきか,まとめてみました。

•思考できる大人
•自分で判断できる大人
•悩みや葛藤を解決できる大人
•他者の話を聴いてあげられる大人
•自分の意志を確立し人格を高めていく大人  です。

終了後の懇親会で,どんな話の流れだったか忘れましたが, スタッフのことをリスペクトできた今夏の富士登山。 来年は,やっぱり,たすくの子どもたちとも富士山に 登ろうねってことになりました。