「正義のヒーロー」は決して屈しない。 〜相模原障害者施設殺傷事件. 7・26を忘れ(られ)ない【たすく代表ブログ】

 相模原障害者施設殺傷事件、いわゆる津久井やまゆり園の19名殺人事件は、
2016年7月26日の早朝におきました。
 私は、複数回、訪問したこともあり、勤務している職員と現地で学習会を行ったこともあります。親しい仲間も勤めていました。

 この仕事に携わる人は、正義の人です。
 僕を育ててくれた先輩にも、同僚にも、それは1000人にも10000人にもなりますが、一人もこんな事件を起こす可能性のある人は居ませんでした。

それどころか、
 皆、正義のヒーローでした。だから、こんな僕もこの仕事に人生を懸けたのです。

 僕が見たのは、
 昨日も今日も明日も明後日も、障がいのある人と共に暮らし、療育し、教育し、支援し、将来を憂いながら、それでも立ち向かう、大人たちです。一緒に生きているのです。
 家族がある人は、自分の健常の子どもを顧みず、他人の子のことを考え、24時間体制で常に気を張り、深夜でも駆けつけ、泊まりもします。夏休みも正月もありません。ちょっとした不安定な状態でも、皆で協力し合い、涙を共に流し,添い寝もします。

 それが、僕がこの仕事に就いた理由です。「こんなことできない」と思ったからです。
 すごいな、これは、とても自分にはできないと思ったからです。
 僕の「正義のヒーロー」です。
 まだまだ、みんな死んでいません。全国各地に正義のヒーローがいます。

(以下、自己分析)
・この2年間は混乱の連続、何度もこの事件を思い出して仕事をしていた
・何をしても、以前のように喜べず、虚しくなることもあり、けれど目の前にある会社、法人、利用者を守るのが精一杯だったというのが本音
・「意思疎通ができない者を安楽死させる」という発想をもつ同僚がいるかもしれないという前提が無かった
・公益財団法人日本知的障害者福祉協会 http://www.aigo.or.jp/menu07/ の人材育成委員という(津久井やまゆり園の改善ができた可能性をもつ)責任ある立場にあったのに、「意思疎通ができない者を安楽死させる」という考えを持たないように人材育成するという計画を立てなければならないことを、まだ許容できていないかもしれない
・以前のように仕事を「楽しむ」という感覚は失った

・ただ、僕たちの中にいる正義のヒーローは、決して屈しない



コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!