たすくグループは2020年も「ONE TEAM」

2019年も大晦日です。
今年は、ラグビーのW杯で、ラガーマンたちは悲願を達成しました。
横浜のスコットランド戦では、腰が抜けたみたいにしばらく立てなかった。

10代、20代のラガーマンとしての世界への思いが、どういった形であれば達成できるのか? あれから30年近く、ジャパンを応援しながら、まさに自分をシンクロすることができました。

そう、ハードワークと高い目標。特に「ラグビーをもっと子どもたちに知ってもらう」というフレーズは良かった。
ラグビーという主語を、私たちの「特別支援」や「発達障がい」、「知的障がい」に替えれば、たすくグループの目標、そのものになります。

さあ、やり方は分かった。今がその時だ!

【我ら周囲に満ちる豊かな水源 by TASUC Group】

https://www.youtube.com/watch?v=73AQriteAts&feature=youtu.be

コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

新しいスタッフを迎える準備!

放課後等デイサービスの改善案(まとめ)【たすく代表ブログ】