【成人式】発達障害のある人や子どもたちの社会参加を!一緒にやらないか

 2浪していたから、成人式には出られなかった。

都立三鷹高校でラグビーを12月までやった。

ベスト16で明大中野に73−0で負けた。明大中野は花園で京都東山に負けたが、なぜ負けたか分からないくらい、全く歯が立たなかった。

1浪時代は高校の勉強を全部、見直したような時間だったが、ベビーブームで予備校生だらけ、予備校には愛も敬意も無かった。ふてくされて大学受験を辞め、仕事を探したが、結局、教育をやりたくなって教員養成課程を探したら、偏差値が伸びた。不思議な感覚だった。

つまらない暗記だけの受験勉強も、手段だと思うと励めるんだな。

北海道教育大学の函館校に拾ってもらって、その後、大学院の修士課程でわざと1留した。

障がい児のサマースクールをやりたかったからだ。

「障がい児の放課後や長期休み、保護者とだけの日々は地獄です。」
そんな時代だった。

神戸の震災もあって、ベビーブームの劣等生たちは、社会の矛盾に敏感だった。
活躍できる場所を、探していた。

僕は成人式には出られなかった。

でも今のコロナ禍の若者に比べれば、大したことない。

僕には確かに、誰かのために命を懸けることが、自分の使命だと薄々感じていたから。

君の優しさ、勇気、正義を、もう一度、見直して、世界の人々への貢献を考える。

集え、若者たち、

大きな社会問題である、発達障害のある人や子どもたちの社会参加を!

一緒にやらないか


コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

新しいスタッフを迎える準備!

放課後等デイサービスの改善案(まとめ)【たすく代表ブログ】