町を歩こう。声を出して歩こう。

たった一人のどうしようもない馬鹿野郎に,
多くの人が突き動かされているんでしょうか。

今日もたすくのメンバーとノルディック・ウオーククラスで鎌倉市内を歩きましたが,
道行く女の子が「あんなことするなんて許せないよね」と言って通り過ぎたり,
「がんばって!」と通りすがりに言葉を掛けてくださる方も増えました。



こんな悲惨なことが生じなければ,世論を刺激できなかったのだと思うと,
被害者の方々に申し訳が立ちません。

それが悔しくて触れないように,考えないようにすることはできませんが,
僕たちスタッフは,創業時から危機感をもって臨んでいたにもかかわらず,
こんなかたちでしか世の中の矛盾を明らかにできなかったのだとすると,
敗北感で心の中がいっぱいです。

変えなければならないことは,いっぱいあって,
焦るんだと思うんだけど,
今はただただ,子どもたちを守って。抱きしめるしかない。


そして,引きこもらずに,前へ進むのが僕たちの流儀だ。





暴漢が襲ってきたら,全力で戦おう。
差別的な発言があったら,全力で言い返そう。
奇異な眼で見られたら,全力でにらみ返そう。

でも忘れないで,「対処」では何も変わらない。

子どもたちを社会に出して,理解者,仲間を輩出しよう。
障がいがある人やその家族が多くを語って,人々の心を変えよう。
そして,
町を歩こう。声を出して歩こう。



我らここにあり!





コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!