【求む人財!】社会イノベーターよ、発達障がいのある人とその家族に一貫性と継続性のある支援体制の構築を!

幸い,多くの採用希望がある。
明らかに優秀な人たちだ。率直に,うれしい。
私たちの人財に共通しているのは,「社会イノベーターである」という
価値観をもっていることだろう。
ほとんどが,公務員だったり,大企業のサラリーマンだったり,
教員採用試験に受かったけど,たすくに来たスタッフだ。

僕に3億円あったら何がしたい?って問われて,
迷わず「人を採りたい」って答えた話は以前したけど,
どんな人が採りたいかって聞かれたら,迷わず
「自分の価値観を高めてくれる」人を採りたいって答えるだろう。

経営品質賞で有名なネッツトヨタ南国社長の横田英毅氏は,人財の3つのポイントとして
人柄,価値観,人間力を挙げている。スライドにまとめるとこんな感じになる。
横田氏の3つのポイントのうち,
重視したいのは,2の価値観(四角い枠でくくってある)だ。
採用面接には,延べ300時間も費やす人財がいるそうだが,
「君は何のために働くの?」とひたすら問い続けるのだそうだ。
その際、重要なのがこの価値観なんだと思う。
1の人柄や3の人間力は,
個々が努力することだったり,生育環境なんかで変わってくるけど,
価値観をインターンや採用面接で,融合させていけば,離職はずっと減ると思う。

入社した後も,
会社のスタッフのそれぞれと,価値観の融合をしてくれる人財かどうかってのが,
評価に繋がっているのも事実だ。とにかく,変わった奴が面白い。
もっと言うと,ちょっと生意気で,むかつく奴が面白い。
(聞いてないのに)わざわざ自分のことをドンドン話してくれる奴が魅力的だ。

かといって,入社して直ぐに,そんなことを求めないから安心して!
実の親と死別するかもしれない30代を目処に,
人生観や理念に関する自分自身の「価値観の確立」を
目指してほしいなと,思う。
会社ってのは,人を育てるっていう社会的な使命があるからね。
そうやって、大人たちは,僕たち自身に対しても
寛容に育ててくれたんだから。
もちろん,44になったけど,僕もそう思ってます。
うちは,価値観の融合度,高いよ! ドンドン募集してます! 
みんなエントリーしてね。

コメント

このブログの人気の投稿

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!