【求む人財!】その3 価値観を共有し,正しい理念を貫く

先日,不運にも迷子になってしまったメンバーがいました。
地域中の防災放送で,実名で捜索願いが流れたくらいだったんですが,
僕がその放送で気づいた時には,すでに居なくなった所を何往復もしていたスタッフが3人いました。
教室のあるファミマの前に集合して,僕しか持っていない車で,ご家族とはぐれたハイキングコースの反対側まで行って,反対側からも歩いてみよう!ってことになった時,
ホットティーを人数分買って,「はいよ」って飲ませたら,本当に美味そうに飲んだ。
「おい,何にも飲まないで3時間も走りまわってたの?」

22時頃だったか,冷や汗もんでしたが,警察の力で見つかって,
その情報が,お母さん繋がりのラインで流れた瞬間,
「あーあー良かった」って真顔で言い合って半べそをかく。

まあ,そういうのが「たすく」のスタッフです。

僕は,そういう良心に囲まれた,かなり悪オヤジですが,
こういう良心に,いつも刺激を受けているから,価値観を高められるんだと思う。
(僕の魂は彼らに比べたら未だ未だ)。

ところで,多くの支援を受けて,7年目にスタッフが30人に近づいて,
やはり,スタッフそれぞれの価値観の共有が,大きなうねりになった時にこそ,
私たちの使命が大きく動く時なんだろうなと,考えています。
それくらい,うちのスタッフは良い人間が多い(前述)。

ただ半べそをかく一方で,
(良心ってのが邪魔をするのか)ビジネスをもう少し上手にできないものか。
常に悩んできました。
最近は,「正しい理念を貫いて,継続していけば,必ず道は拓ける」
って,思うようにしてます。 正しいかな。

ずっと一緒だよ!・・・メンバーに向けた言葉だけど,スタッフにも。



コメント

このブログの人気の投稿

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!