<声明>津久井やまゆり園での事件について

弊社たすくグループは,
このような痛ましい事件を受け,衝撃を受けております。
複数回訪問した施設であり,有志で勉強会を行って,
施設改革を試みた時期もありました。
今はただ,心からお悔やみ申し上げます。

夏休みです。
子どもたちにとって「楽しい」思い出をたくさん積ませてあげたい。
そんな思いからも,
弊社は,改めて,安全面での周知徹底を図ってまいります。

声明を添付いたしました。

たすくグループ 代表 齊藤宇開



津久井やまゆり園での事件について

 ご存じのとおり、平成28年7月26日未明、神奈川県「津久井やまゆり園」において、世間を震撼させる痛ましい事件が起きました。 
 多くの尊い命が奪われました。心よりお悔やみを申し上げます。今はただご冥福をお祈りするばかりです。また、負傷された方々の一刻も早い回復と、事件現場に居合わせた方々の心痛が深くならぬことを祈っております。 
 TV等、マスメディアをとおしての情報が錯綜しております。ご心配だとは思いますが、情報収集につきましては、冷静な対応をお願い申し上げます。 
 現在、私たちの所属しております全国知的障害者福祉協会並びに神奈川県協会において情報収集等について努力していただいております。
 地元の神奈川県立の入所施設と言うこともあり、たすく創業時から訪問し、職員との学習会を複数回行った経験もあります。熱心で,利用者のことを心から大切にしてきた仲間もおります。志をもって仕事をしてきた職員がいます。支援者という志高き仲間たちの無念を思うと、涙が止まりません。
 たすくグループといたしましても、各教室の安全管理、各事業での安全第一の実行を指示しました。夏休みは特に、弊社の利用者が増える時期でもありますので、改めて安全面での周知徹底をお誓いいたします。 
 なお、事件の詳細については、今後、警察によって明らかになるものと思いますが、引きこもることの無いよう、規則正しい生活を心掛けて下さい。そのためにも、皆様の不安が増幅されることのないようリスク管理体制の再点検を行います。 
平成28年7月26日 たすくグループ代表 齊藤宇開

コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!