【たすく代表ブログ】札幌教室 〜直ぐ近くに居る、精神的支柱

年度末です。
たすく10周年、僕は48歳。
広島の竹林地先生も福岡の徳永先生も48歳の時は、メチャクチャ働いていたんで、僕も負けじと働いています。
みんな、もっと働こう!仕事があるってのは本当に幸せです。

今の時期は、20名強の新人向けに集中研修をしたり、教室立ち上げのお手伝いをしたりします。
これまでも横浜を皮切りに、国立、豊橋、横須賀、TRYFULL、鎌倉下馬と、立ち上げのお手伝いをしてきました。今年は、第二の故郷、北海道です。

 性格が20年も続けたラグビーのFWですから、「俺がやる!」って色々やらかしてきました。中古家具を配送料をケチって何キロも担いで自分たちで運ぶなんてのはもちろん、数枚のビラを持って教室の前でずっと立っていて、こっちを見た人に駆け寄ってみたり、市役所の子どもの窓口や障害者福祉課で待ち伏せていたり、考えられることは全てやったかもしれません。無一文からのスタートですから仕方ないですよね。

 それで、だいたい上手くいかない。時間が経っていってGWの頃にはどうしようも無い気持ちになって、誰も居ない綺麗な教室で独りぼっちです。
最悪なのは、なけなしのお金を使って開所式を4月にしてしまうパターンで、その後の孤独は、ほんと辛いです。だから、最初の数ヶ月のうちに入会してくれたメンバーは決して忘れません。今でも涙でます。
 そういうことで、北海道札幌円山教室の山口、三浦の両名へのアドバイス。
 あんまり、宇開先生がみますよとか、東京の早稲田で特別にアセスメントしますよとか、ずらさないで、俺が山口だ、私が三浦よ、って進めてください。
 それは、「ずっと一緒だよ!」という理念にあるように、結局、期待されているのは、すぐそばに居る精神的支柱だからです。
 本当のニーズは、本人か家族しか分からない。本人と家族を、より専門的に、効率的に支え続けて、育ちと、子育ての支援をするのが私たちの真骨頂なのだから。
 我ら周囲に満ちる豊かな水源。
 頑張れ、志(こころざし)だけの痩せガエル!
正義と誠実さがある君たちを待っている人が、早く気づいてくれるように、たくさん食べて動き回るのが僕たちのやり方!


コメント

このブログの人気の投稿

「NHKスペシャル 発達障がい」〜やるだけやってみよう

新しいスタッフを迎える準備!