【代表ブログ(研究と地域実践をつなぐ)】たすくアセスメントの普及

たすくアセスメントの普及

ご家族と専門家が一堂に会したトータル・アプローチ

「ずっと一緒だよ!」

 たすくには一生を見通した支援がある。 保護者や家族と協働で、アセスメントを行って、個別の支援計画(カテゴリー10・ポートフォリオ)を作成していく【たすくメソッド】を継続して療育を進めることで、一生を見通した社会生活能力を開発することができます。

・ずっと一緒だよ!   一貫性と継続性のある支援体制を築く

・アセスメント絶対主義 ご家族と専門家が一堂に会したトータルアプローチ

・保護者と協働する   あくまでも保護者のみが一貫性と継続性を担保できる

・たすくアセスメントの特徴

1 定期的な(一年に一度の受検を推奨)アセスメントである

2 家族、専門家、支援者が一堂に会するアセスメントである

3 科学的根拠(エビデンス)のある検査と、生活機能分類や適応行動に応じた調査
 の融合を意図したアセスメントである

4 行動、認知、社会性、感覚統合、言語聴覚、学習環境、医学生理学、心理、人的環境
 など、トータルなアプローチを計画するアセスメントである

・J☆sKeps™アセスメント(学習を支える学び)の結果によるクラス分け

1 J☆sKeps™とは「学習を支える学び」

2 機能的な目標による「個に応じたスモール・ステップ」

3 学習スタイルを「社会性の学習に応じて変化」させる

4 保護者のための「ストレングス・アプローチ」


添付資料)

コメント

このブログの人気の投稿

重度、最重度のお子さんへの就労支援 〜なぜ,最初から年金受給者なの?〜【たすく代表のブログ】

新しいスタッフを迎える準備!

放課後等デイサービスの改善案(まとめ)【たすく代表ブログ】